皆さんは、こう悩んでいるのではないでしょうか?

「記事はたくさん書ているし、いい記事だと思うのに成果に繋がらない」

私もウェブで記事を書き始めて早7ヶ月目になりますが実際にそう悩んでいました。

しかし、最近成果を出すことができる文章がわかってきました。

今回は、成果を上げられる文章と上げられない文章の違いについて解説。

 

<目次>

成果を上げられる文章とは?

これは単純です。行動を起こさせることができる文章です。

例えば、アフィリエイトで商品を売りたいのなら、リンクを踏んで実際に購入してもらわないといけません。

 

成果を上げることができない文書とは?

では、成果を上げることができない文書とはどのような文章なのでしょう?

それは、行動しないことを選択できる文章です。

 

記事の内容はいいのだけど、内容に満足してしまって、行動を起こそうと思わないのです。

 

行動しないことを選択できる文章とは?

ポイントは「今」です。

過去にこう言われたことがあります。

「読みやすくていい文章。でも、今行動しようって気にはならないよね。」

 

成果を上げられない文章には「今」というマインドが抜けています

「今じゃなくてもいい、そのうち行動すれば・・・」と読者が無意識に思ってしまうのです。

 

 

成果を上げられる文書の掟三箇条

成果を上げられる文書の掟三箇条を作って見ました。ぜひ参考にしてください。

  1. 信頼感がある
  2. ベネフィットが明確
  3. 焦点が今に向いている

 

信頼感がある

営業でもなんでも同じです。信頼感がなければ商品は売れません

ちなみに信頼感を出す最も手っ取り早い方法は、実際に使ってみるか、自分の商品を売るかどちらからです。

 

ベネフィットが明確

その商品を買ったら、使ったらどのようなメリットがあるのか。

多ければ多いほどいいです。

しかし、ベネフィット1つ1つに明確な根拠が必要です。

 

焦点が今に向いている

同じ文章は二度と読まれません。その時に行動してもらわないとダメです。

読者が記事を読んでいる時に焦点を合わせる必要があります。

読者が記事を読んでいる時の気持ちを想像して書きましょう。

 

 

文章は鏡

文章は鏡です。その人の本性がにじみ出ます

つまり、欲は欲として文章に反映されます。

この点には気をつけたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です